2018日本の注目ベンチャー企業「無駄を無くし時間を有効に」

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 22:21

JUGEMテーマ:起業

 

2018年 日本のベンチャー企業

今回は

freee株式会社

会社名:freee株式会社

本社 :東京都品川区

設立  :2012年7月

創業者 :佐々木大輔氏

     goolgeにてアジア・パシフィック地域にてマーケティングチームを統括後、設立。

 

 

小さなビジネスであっても運営に必要な「難しいこと・面倒なこと・大変なこと」は多く、
起業や独立をしても経理・財務や給与計算に追われ、本当にやりたいことに集中できない現実があります。

freeeのミッションは「誰もが創造的な活動ができる社会」
「スモールビジネスが強く、かっこよく活躍する社会」を実現すること。
既存の考え方にとらわれないテクノロジーとサービス開発を追求し、
スモールビジネスにとって不可欠なビジネスプラットフォームとして、世に大きな変化をもたらし続けます。

(freee株式会社ホームページより引用/URL:https://corp.freee.co.jp/company/)

 

 

私自身、中小企業に勤めているが、中小企業にありがちな

無駄な作業

それは、経理面、営業面、事務処理面

様々なケースが存在すると思う。

 

この裏方の時間をカットできれば本来のやらなければいけないこと(多くの場合は利益を生む仕事)

にフォーカスが出来る。

 

特化しているのは会計freeeであり、個人事業主から500人規模まで対応が可能となっている。

その他のサービスとしては

人事労務freee・会社設立freee・開業freee・マイナンバー管理freee

などがあり、多方面でカバーをしている。

 

まさに日本が大きく掲げている

【働き方改革】の舵取りを一つを担っている企業だ。

事務作業に追われ、本来の仕事への取り組みがおろそかになっては意味がない。

事務作業を終業後に行い、プライベートがカットされるのは寂しい。

 

中小企業は時代の変革についていけていないことが多い。

規則上、法律上の問題は企業ごとに異なる可能性はあるが

取り入れることが可能であれば、是非とも利用すべきである。

 

クライアントへの満足度

並びに社員の満足度も変化が生じ、

効率化、離職率の低下に繋がるのではないか。

 

ベンチャー企業は不安定だ。その考えも固定概念ではないだろうか。

アメリカのカルチャーを受けている企業も多い。

 

働き方改革は他人事ではなく、自分たちでつかみ取れる時代になっている。

 

 

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

起業参考本

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM